どうすれば借り換えができる?

複数から借り入れを行っており、返済が少し苦しくなってきている。そのような状況から、具体的にどう借り換えを行っていけばよいでしょうか。

借り入れの方法としては
・いま使っているカードの限度額を上げてそこにまとめる
・おまとめローンに申し込む
・借り換え可の低金利カードローンに申し込む
の3種類の方法があります。

この3つの方法のなかで、一番やりやすいのがいま使っているカードの限度額を上げる方法でしょう。既に契約はできていますから、公式サイトの会員ページで増額の申請を行うだけです。

「増額しませんか?」というインビテーションが来ているなら、かなりの確率で増額は成功するでしょう。あとは、増額したぶんの金額で他社からの借り入れを返済するだけです。

その後、増額によって金利は安くなっているでしょうから、きちんと返済を行っていきましょう。

手持ちのカードを1枚選んで、それを増額して借り換えをするというこの方法。ひとつだけ注意点があります。それは増額しても金利が変わらないケースがあるということです。

限度額が上がれば金利は安くなると書きましたが、100万円以降は基本的に審査する側の裁量に任されています。レアなケースですが、限度額を上げても金利はそのままというパターンがあります。

ただ、金利は下がらなくても、借入件数が減ることにはメリットがあります。
それについてはこのあと説明していきます。

おまとめローンに申し込む方法はどう?

借り換え方法の2番目が、おまとめローンに新規で申し込む、というやり方です。おまとめローンとは、借り換えを目的としたローンのこと。カーローンや住宅ローンの借り換え版のようなものです。
おまとめローンの特徴は、借り換えという目的に特化しているということです。
借りた資金は借り換えにしか使えないようになっており、それに違反すると契約解除ののち、一括返済を求められます。

きちんと借り換えに使ったことを証明するために、返済を終えたことを示す書類の提出が必要であったり、おまとめローンの会社が直接返済を行うところもあります。おまとめローンのメリットは、総量規制対象外であるという点です。

借り換えは利用者にメリットのみを与える行動です。利用者保護のルールである総量規制がその邪魔をしてはいけない、ということで、おまとめローンには総量規制がかかりません。総量規制の上限を気にせず、借り換えを行えるという長所があります。

一方でおまとめローンは審査が厳しいという側面があります。おまとめローンは大きな金額の新規貸付であり、貸す側もかなり慎重に審査を行います。そこで、借入件数の多さが問題になって審査に通らない、というケースがよくあるのです。

借り換え専用のローンですが、借り換えのメリットが大きい人には使いづらいというジレンマがあります。そこでひとまずは、手持ちのカードひとつを増額して、借入件数を減らしてから、おまとめローンに申し込むという方法があります。

前の項目で借入件数が減ることにはメリットがある、と書いたのは、新規申し込みをする際の審査で有利になるからなのです。

借り換え可の低金利カードローンで借り換え

こちらは借り換え専用ではない、普通のカードローンに新規で申し込む方法です。借り換えのメリットは金利の安さですから、金利が安いカードローンを選んで新規申し込みを行います。

ここで申し込みの候補になるのが金利が安い三菱東京UFJ銀行カードローンなどの銀行カードローンです。

銀行カードローンは総量規制対象外なので、おまとめローンと同じメリットを備えています。しかも金利が安く、おまとめローンより金利が低いということもよくあります。

限度額も一般的に高めで借り換えの枠には余裕がありますし、おまとめローンと違って、借り換え以外の目的にもお金を使えます。銀行カードローンは借り換え目的に使う場合でも非常に優秀だといえます。ただ、ここでもやはり問題になるのが審査です。

銀行カードローンへの申し込みも、新規でいきなりの大金となると審査は慎重なものになってしまいます。複数の他社借入は審査でどうしても不利になるため、借り換えをしたくても希望した限度額を設定してもらえないことがあります。

そのため、おまとめローンに申し込むときと同様、まずは借入件数を減らす努力が必要になるでしょう。手持ちのカードの限度額を上げて借り換えを行いつつ、借入件数を減らし、審査に通る段階になったら銀行カードローンに一本化する、といった方法がよいでしょう。”