お金借りる 18歳でも大丈夫?

18歳、19歳でもお金が借りられるのかについて調べてみました。何歳からお金が借りられるかと言うと、基本的には成人した20歳からという金融会社が多いです。もちろん、個人間の貸し借り、親や友達の間などでは、たとえ小学生からでもお金を借りるという行為は普通に行われていますがここでは金融業者等とのやり取りのことを指しています。

しかし高校を卒業してすぐに就職した場合や、大学や専門学校に進学して18歳から成人になるまでの間の期間というのは、中学や高校の時とは違い、遊びや付き合いにも比較にならないくらいのお金がかかるようになります。特に大学生の場合はサークル活動や飲み会などのイベントにもお金がかかり、真面目に勉強する学生でも、教材費などにもかなりのお金が必要になるので、アルバイトだけでは追いつかず、お金が必要になる状況は良くあります。

しかし銀行を含めたキャッシング会社では、融資の条件を20歳以上としているところもありますので、そのような規定があるところではお金を借りることはできません。しかし消費者金融の中には18歳以上であれば融資も可能ということもあります。18歳以上なら融資を受けられるのには既婚者や一定の安定した収入がある場合に限る、といった条件が必ずありますが、そういった条件を満たせば20歳以下でもお金を借りることは可能です。

さすがに18歳未満であればどこもお金を貸してくれる業者はありませんが、18歳以上であればアルバイトやフリーターでも安定した収入があればお金を借りることは不可能ではありません。しかしこのように18歳でお金を貸してくれる金融会社であっても、さすがに18歳に融資する額は多くても10万円程度の場合がほとんどです。

20歳以下の場合はいくら安定した収入があったとしても、大きな融資は受けられないと考えておいた方がいいでしょう。